保健師という職業が人気です。かなり難しい国家資格を2回通過しないといけないです。

メリットが多いです

医療業界の仕事に就きたい!
保健師という職業をご存知ですか?
看護師とならんで、人気の就職先になっているんです。
なぜ、人気なのでしょうか。
まず、保険師の仕事としては、「病気の予防」を行うのが主な仕事であるという事です。
看護師が、「病気の治療」を行うのとは対象的であるといえます。
看護師も医療の世界に携わっている事に変わりはないですが、保険師の方が、対象となる人が多いのは事実です。
しかも、生活環境、心身の環境などもそれぞれ違ってきますので、とても大変な仕事になります。
ですが、やりがいは半端なくなると思いますよ。
ちなみに、保健師の資格を持っている人の半数近くが公務員なんです。
公務員といえば、転勤がとても多いです。
それは保険師の場合については、プラスになる可能性があります。
いろいろな土地に赴いて、いろいろな経験を積む事で新生児から老人まで多くの人と関わる事が出来るのが保険師という職業です。
ちなみに、保健師の資格ってかなり難易度が高いです。
看護師の資格が必要になりますので。
つまり、看護系の大学を卒業して最低1年間は、保健師になるための勉強を行う必要がありますので。
その上で、2つの国家資格を取得しないといけません。
実は、保険師の国家試験の合格率は8割とかなり高いです。
ただ、これは保険師になりたいと明確に考えている人のみが受験するからでしょう。
冷やかし的な人がいないからだと思います。
保健師という事で、医療行為ばかりに注目がいきがちですけど、コミニュケーションスキルも磨いておいてください。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加