海外で看護師として働くワーキングホリデーという制度があります。

海外で働くチャンスです

医療業界の仕事に就きたい!
海外で、看護師になれるチャンスがあるのをご存知でしょうか?
それが、ワーキングホリデーというシステムなんです。
この制度、海外で看護師の資格を得たい人、インターシップなどを目的としている人に、相当利用されています。
ただ、全ての国が導入しているわけではないようで、主にオーストラリア、アメリカ、ニュージーランドなどが対象です。
アメリカなどは、医療において日本よりも進んでいる印象がありますので。
人気があるのも納得できますよね。
海外に就職するというイメージです。
どこか憧れるのも分かります。
この制度を利用している人というのは、ほとんどが日本で看護師、准看護師の資格を持っている人という事になります。
つまり、看護について、右も左も分からないという事にはならないと思います。
ちなみに、日本で看護師資格を持っている人の場合、働きながら看護の勉強が出来るみたいで、海外で暮らす時の最大の懸案事項であるお金の問題もある程度クリアできるみたいです。
近年では、日本でも外国籍の方を積極的に看護師として育成しようとしていますよね。
ですが、言葉の問題などもあって、合格率が低いというのが問題になっています。
そこは、日本語という難解な言語ゆえの問題かもしれないですね。
アメリカなどでは英語ですので、まだ日本語よりは簡単です。
個人的にも、医療に携わっている人は、いろいろな経験を積んでいて欲しいと思いますので、海外で看護師として勤務できる制度は、大賛成です。
挑戦できる環境にいるのであれば、積極的に参加して欲しいですね。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加